平成28年6月30日
     故宮博物館
               台湾

今回の台湾ツアーは格安でしたが、その分自由度が欠けていました。お絵描き目的で参加している私にしたら、宝物を見るよりこの建物などをスケッチしたかったです。ロシアのエルミタージュもパリのルーブルも内部見学をパスして建物周辺をスケッチしてきましたが、今回は大人しく旗の後ろに従いました。従いましてこれは写真から描きました。
平成28年6月29日
     逢甲夜市 その2
               台湾

日本に限らず台湾でも夜市ともなれば色とりどりのネオンやあかり、ライトアップされた看板で演出されています。そぞろ歩いているだけで浮き浮きします。お金さえあれば買ってしまうようなグッズや食べ物が溢れています。もちろんお金のない私は見るだけでしたが・・でも楽しかったですよ(^^)
平成28年6月28日
     慈済宮
               台湾

龍虎塔から見下ろすと、この寺院が真っ先に目に入ってきました。入口の前には土産物屋のテントが並び外壁・屋根の折角の装飾が隠されています。まあ観光地ですから仕方がないのですが・・・。
平成28年6月27日
     九分概観
               台湾

急な階段と坂道にぎっしりとお店などが建ち並ぶ九分の町は視界がききません。したがって、街の概観を得ようとするならば少し通りから外れなければなりません。これは途中の枝道から描いたものですが、中心部からはやや外れた景色とはいえ、九分の急な坂道に建物が密集している様は感じていただけるでしょう。
平成28年6月26日
     タロコ峡谷長春祠をみて
               台湾

本来なら深山幽谷の風情がある所となるのでしょうが、やたら暑い日でしたので気分的には炎谷でした★それでも二筋の小さな滝の流れに気分が癒されました。
平成28年6月25日
     郭子究音楽文化館
               台湾

花蓮のホテル付近を散策していたところ昭和期の木造住宅風の建物が並ぶ一角にでました。なんとなく郷愁を感ずる風景です。看板がかかっていて音楽文化館の看板がかかっていましたが、今の時期は休館日となっていて門は閉じられていました。それでも塀越しにスケッチしました。
平成28年6月24日
     日月たん
           台湾

山の向こうに富士山があれば、まるで富士五胡の湖畔のような景色です。13日の文武廟を背にして描きました。
平成28年6月23日
     台北の路地裏
           台湾

台北は大都市ですから街はいろいろな表情を見せています。今回の旅ではこういう路地裏など普通の何気ない景色も積極的に描きました。
平成28年6月22日
     九分・慈祐宮
           台湾

九分の坂を上っている時、この慈祐宮の屋根がちらほら垣間見えました。ツアー一行のわずかな隙を見つけて一目散にこの慈祐宮を目指して駆け上がりましたが、この屋根ですから残念ながらスケッチする余裕はありませんでした★ですからこの作品は写真からです。
平成28年6月21日
     忠烈祠
           台湾

台湾の戦没者の慰霊をまつっています。衛兵交代が有名です。
平成28年6月20日
     高雄港からの景色
           台湾

朝、ホテルからお散歩していると波止場に出ました。横たわる船の向こうには高雄の市街が遠望できます。中央にそびえるのはスカイタワーホテルで、市街地のどこからでも見通せる高雄のシンボルみたいになっています。
平成28年6月19日
     三仙台
           台湾

台湾の錦帯橋といったところでしょうか。ただしこちらは、太鼓橋が八つもかかっています。
平成28年6月18日
     高雄にて
           台湾

高雄から渡し船で渡った先にこの寺がありました。夕闇が深くなってくる中、大慌てでスケッチしましたが、寺の名前をチェックするのを忘れてました★
平成28年6月17日
     龍虎塔
           台湾

蓮池たんというアミューズメント公園の中で一際目をひく二つの塔。とりわけ足許の龍虎が目をひきます。龍の口から入って虎の口から出るという縁起もののようですが、やや安っぽい感じで折角の塔の威容を台無しにしているの観があります。
平成28年6月16日
     延平郡王祠
           台湾

鄭成功を祀った寺院です。日本の寺院とほとんど変わらない外見です。鄭成功は、台湾からオランダ人を追い出した英雄ですが、母親が日本人で幼い時は長崎で過ごしたという中国人です。けだし、そのせいで日本のお寺のような様式になったのではありません。台湾33観音で歩いた経験では台湾の寺院には多く見られるもので、ここが特異ということではありません。
平成28年6月15日
     せきかんろう
           台湾

オランダ人の屋敷ということで洋館かなと思っていたらご覧のとおりで中華風でした。ただしスケッチしていたので、室内は見ていません。
平成28年6月14日
     逢甲夜市
           台湾

台湾最初の訪問地は台中です。そして案内されたのが逢甲夜市です。夜市は台湾各都市にみられるものですが、ここは規模が大きいようです。たくさんの人で賑わっていましたが、あちらこちらにバイクが目立ち、雑然とした賑わいが活気を感じさせて不思議な魅力がありました。
平成28年6月13日
         文武廟
          台湾


日月譚のほとりにある巨大な寺院です。門の両サイドには大きな獅子像(???)がひときわ異彩をはなっています。
平成28年6月12日
      タロコ峡谷    

   台湾
台湾は九州とほぼ同じ大きさで中央部を3000m級の山々を数多く含む山脈によって東西に大きく分断されたような地形になっています。このため、台湾の主要交通路は南北線ばかりで、東西線は花蓮と台中とを結ぶ線だけです。その途中にあるタロコ峡谷は、風向明媚なハイキングコースといったところでしょうか。残念ながら時間に限りがある旅行者ですので、私たちは緑深い峡谷のさわりの部分だけを少しだけ歩きました。
平成28年6月11日
      九分(きゅうふん)    

   台湾
昨夜遅くに台湾から帰宅しました。早速、旅行中作品の仕上げにかかっています。旅行は6日からですから、本来なら6日にスケッチしたものの仕上げを行うのが順ですが、この九ふんは輻輳した街並み景観が人気の場所ですから、スケッチもかなりごちゃごちゃしており、日にちを置くと細部を忘れてしまうので、第1番目に仕上げました。
平成28年6月10日
      川べりの農家    

   兵庫
ご近所です。一部をデジタル合成しています。
平成28年6月9日
      つくられた風景    

   デジタル合成
二つの異なる風景を合わせ、まったく新しい作品にしました。すなわちこれは、架空の風景なんです。
平成28年6月8日
       吹矢広兼邸    

   デジタル修正版
同じく吹矢広兼邸です。それにしても、城かと見紛うほどの豪邸ですね☆
平成28年6月7日
       吹矢広兼邸    

   デジタル修正版
8年前の作品ですが、大幅にデジタル修正し、新しい作品として蘇りました。★
平成28年6月6日
   猪名川風景    

   兵庫
延々と川筋に沿って歩きました。陽射しはそれほどではありませんが、初夏の陽気、汗がでてきました。本当は川原で描きたかったのですが、降り口がありませんでした★
平成28年6月5日
   建仁寺望楼閣    
   京都
祇園花見小路の突き当りの大寺院ですが、お絵描き対象としては難しいです。これは過去作を再筆(すなわち描き直し)しました。
平成28年6月4日
   月読神社    
   京都
風流な名前の神社ですが、祠のようなこじんまりした神社です。でも周囲の緑に包まれて神秘的な雰囲気でしたよ。
平成28年6月3日
   川のある風景    
    兵庫
尼崎市市内を流れる庄下川という川の風景です。バス道は何度か通っていても河岸沿いに歩いたことがないので、新しい風景を発見したような気分です。
平成28年6月2日
    湯浅鍛冶町通り    
    和歌山(デジタル修正画)
8年前に発表した作品ですが、ほぼ全面的にデジタル修正しました。原画像は掲示板に発表します。
平成28年6月1日
    八坂の塔と舞妓さん    
       京都(合成画)
もう6月なのですね。うっとうしい梅雨にめげない明るいお絵描きを目標にがんばります。明るく華やかにということになれば・・・舞妓さんですね(^^)
平成28年1月の日がわりイラスト館 平成28年2月の日がわりイラスト館 平成28年3月の日がわりイラスト館
平成28年4月の日がわりイラスト館 平成28年5月の日がわりイラスト館 平成27年12月の日がわりイラスト館