平成28年7月31日
      石道温泉   
           兵庫
アトリエに最も近い温泉です。住宅街にはずれにあるので実感がありませんが列記とした天然温泉です♪入浴目的で近隣住民の利用も多そうで、結構賑わっているようです。
平成28年7月30日
      五條の駅から   
           奈良(五條)
鉄道沿線シリーズもライフワークの一つにしておりますが、JR沿線だけは数が多すぎて手に負えません★それでも旅先の駅で多少とも時間の余裕があったらお絵描きします。どれだけ描けるかは私の寿命次第ですが(^^)
平成28年7月29日
      五條の町家   
           奈良(五條)
かなり時代を感じさせる建物です。こんな建物がずらりと並んでおり重要伝統的建造物群保存地区としての国指定を受けています。もう少し近ければ、何回も足を運んでお絵描きしたくなる町です。
平成28年7月28日
      中之島中央公会堂   
           大阪
中之島のシンボルとなる建物といえば昨日の大阪市役所、その向かいにある日銀大阪支店、それとこの中央公会堂が代表的なものになるでしょうか。由緒のある建物は他にもたくさんありますが、めだっているのはこれらの公共施設です。中央公会堂については、既に2、3回アップしていますが、正面からみた作品はこれが初めてです。
平成28年7月27日
      大阪市役所   
           大阪
御堂筋に面していて一番目立っているといってもいい建物ですが、幾何学的な外観で絵にはなりにくいからでしょうか今まで描こうという気持ちがおこりませんでした。
平成28年7月26日
      五條新町のお餅屋さん   
           奈良(五條)
かなりインパクトの強いお餅やさんでしょ。レトロな街のレトロな饅頭やさんで超目だっています。調べてみると、やはり新聞、テレビなどでも取り上げれている名物店のようです。
特に看板が秀逸ですので、いつもはさらっとごまかす看板内容ですが、まるで似顔絵を描くように精密に写し取りました。ただし饅頭は手持ちイラストによるはめ込み合成です。
平成28年7月25日
      岩屋   
           兵庫(神戸)
淡路島にもフェリーの寄港地であった岩屋がありますが、こちらは阪神電車の岩屋駅から近い海辺です。このあたりは神戸三宮に近く、阪神工業地帯の中核地でしたが、阪神大震災の被災地でもあったため、地域の様相がすっかり変わってしまいました。
平成28年7月24日
     川西市郷土館(平賀邸)   
             兵庫)
もう何回も描いていますが、また行ってきました♪
平成28年7月23日
     幻の五新線   
             奈良(五條)
五條の新町通りを歩いているとやがて尻切れトンボのような橋が見えてきます。高速道路や新幹線の高架橋にしては明らかに中途半端ですし、車両等が交通して様子もありません。聞くところによるとこれは、明治時代に計画され昭和12年から着工されその後戦争によって中断された五條市から新宮市までを結ぶ五新鉄道の残骸でして、戦争が始まるなどの理由で中断されたものです。
平成28年7月22日
     適塾   
             大阪
この有名な適塾が大阪の北浜にあることはドラマなどで知っていましたが、実際に訪れたのは今回が初めてです。中之島界隈といっても、うろついたのは御堂筋の東側がほとんどで、適塾のある西側は足を向けたことがありません。知っていて当然なのでしょうが、実際は知ってるふりばっかりで、ほんとうのところの知識と言ったらこんなもんなのです★
平成28年7月21日
     まちなみ伝承館   
             奈良(五條)
陽射しが強い中少し歩き疲れたので中で休ませてもらうことにしました。観光客はあまり見かけていませんし、来館者は私以外に見当たりません。それでも受付の方が詰めていて、私に七夕飾りの短冊を書くよう勧めてくれます。女性から勧められると断れない性質で、さらさらと格好よく一筆したためましたが、でも何を書いてお願いしたかはすっかり忘れてしまいました★
平成28年7月20日
     大阪倶楽部   
             大阪
中之島の南側、地名としては北浜になるのでしょうか、このあたりには歴史を感じさせる建物がチラホラ見受けられます。この大阪倶楽部もその一つですが、御堂筋の西側に位置するため、訪れるのは今回が初めてです。
平成28年7月19日
     谷崎純一郎邸   
             兵庫(芦屋)
芦屋市美術館の前にありました。中が見学できるようでしたが、お金がいりそうなので例によってパス。そういえば私、谷崎作品を一つも読んでいない★谷崎純一郎どころか日本文学はほとんど読んでない★島崎藤村を何冊か読んだぐらいで、後は横溝正史や赤川次郎など大衆娯楽読本ぐらいですね。
平成28年7月18日
     まちや館   
             奈良(五條)
元法務大臣木村篤太郎の生家の説明がありました。中は見学できるようでしたが、とりあえずスケッチだけを済ませ、先を急ぐことに・・・。
平成28年7月17日
     新町通り入口のお屋敷その2   
             奈良(五條)
一昨日のお屋敷の道路を挟んで向かい側にある建物です。こちらも時代を感じさせる雰囲気でした。もっとも新町通りの建物は、みな歴史を感じさせるものばかりでしたが・・・。
平成28年7月16日
     通りの風景   
             台湾
レストランでの昼食後の時間街にスケッチしたものですが、レンガ模様の壁は別に描いてパソコン上で合成しています。
平成28年7月15日
     新町通の入口のお屋敷   
             奈良(五條)
目指す新町通りはJR五條駅から歩いて10分ほどでたどりつきました。そしてこの豪邸がいきなり目に入り、その大きさに度肝をぬかれてしまいました。
平成28年7月14日
     新町通の商家   
             奈良(五條)
かつては城下町だった五條の今に残る街並みは新町通りが中心になっています。JR五條駅を降り立って少し歩くと、その新町通りに達します。その通りの入り口部分には早くもこのような古い店構えの商家が並んでいました。
平成28年7月13日
    鐵屋橋     
             奈良(五條)
古い街並みが残る五條新町通りの中心部です。歯画面の右手奥に見えるのは宮満寺、橋の下を流れるのは西川です。歴史を感じさせる古い店構えのお饅頭屋さんの前からスケッチしました。(したがってお饅頭屋さんは画面にありません。)
平成28年7月12日
     ご近所風景    
             兵庫(川西)
私が子供の頃はそこらじゅうにため池がありました。ほとんどが埋められていきましたが、未だに残っているものもあります。たまに水のある風景に出合うと立ち止まり、描きたくなります。普通の景色でも水があると癒されますね
平成28年7月11日
     五條市民俗資料館    
             奈良(五條)
この長屋門は五條の御番所の復元史跡で、現在は五條市の民族資料館として公開されています。しかしここで私の目をひいたのは「天誅組」の幟と「明治維新発生の地」という標柱です。この長屋門と明治維新の関連がわかりませんでしたが、なんでも天誅組が御番所を焼き討ちして討幕の蜂起をしたということのようです。
平成28年7月10日
     芦屋市美術館内カフェー    
             兵庫(芦屋)
芦屋市美術館の敷地内にお洒落なカフェーがありました。趣のある建物でしたから美術館だけでこちらも描くことにしました。スケッチしていたら小さな看板が出ていて小出楢重画伯のアトリエ後とありました。道理で・・♪
平成28年7月9日
     芦屋市美術館    
             兵庫(芦屋)
芦屋らしい閑静な住宅街に目立たない感じで建っています。というのも周囲は豪邸ばかりですから、この施設が際立っている感じを与えません。結構立派な建物ですが、目的の施設として来なければ、私のようなよそ者は絶対前を素通りしているでしょうね。それにしても美術館を訪れても中を見ようとしない私は内部(展示品)を見ることなく立ち去ったのでした。
平成28年7月8日
     敏馬神社    
             兵庫(神戸)
みぬめ神社と読むそうです。三宮の近くにありました。訪れるのは今回が初めてですが、かなり格式のありそうな古い神社でした
平成28年7月7日
     神戸なぎさ通    
             兵庫(神戸)
震災の後、すっかりモダンになった神戸の海岸通りですが、高層ビルの谷間のあちらこちらにモニュメントがたっています。この黄色と赤のモニュメントは何を意味しているのかサッパリわかりませんでしたが、多分芸術なので、意味を考えること自体が冒涜なんでしょうね。すんません★
平成28年7月6日
     ある風景    
             兵庫(川西)
これはネタに困って描いたご近所風景です。川の対岸は多田神社ですので、地元の人ならピンとくる景色形式なのですが・・それでも多分この説明文を読むまではどこを描いたかわからないでしょうね★未熟者ですんません(__)
平成28年7月5日
     虚子記念文学館    
             兵庫(芦屋)
関西における芦屋は高級住宅地として有名ですが、私のお絵描きとはあまりご縁がなく、きちっとした取材で訪れるのは阪急沿線風景の芦屋川以来でほとんど初めてです。この虚子記念文学館は、海岸べりにあるのですが周囲は高級住宅地の名に恥じない豪邸ばかりです。入館料500円の表示を見てそのままUターンする私とは明らかに縁のないところでした。
平成28年7月4日
     神戸文学館    
             兵庫
王子動物園の向かい側にありました。風情あるこの洋館は関西学院大学の前身(発足時)がこの地にあった時の名残として唯一存在するものだそうです。スケッチする間も高校生らしい人が数人入館していきました。中は無料で開放されているので、ついでに見学させてもらいましたが、空調のきいた部屋で時代を感じさせる家具・調度(机・イス)に向かって先ほど入館していった生徒さんが学習していらっしゃいました。図書館の穴場とでもいった感じです。ちゃっかりしていますね〜(^^)
平成28年7月3日
     街かど風景    
       台湾
台湾ツアーの風景は一巡しました。でも心にとめた街かど風景もありますので、それらも発表させていただきます。今日の作品はその一例ですが、写真との合成を図っております。今後の描き方の一つの例として掲げさせていただきました。
平成28年7月2日
     久しぶりに多田神社    
       兵庫
ご近所のランドマークですから、この多田神社には何度かのチャレンジを行っています。しかしこの多田神社、赤橋を入れて山門を入れてとなると描くポイントは限られ、結局毎回同じ構図で描くことになります。頻繁に通る車の問題さえなければもう少し違った角度から描けるのですが・・・。
平成28年7月1日
     厩爺使馬    
       台湾
三国志の英雄の中でも関羽の人気が中国や台湾で最も人気を集めているようです。ここは関羽の馬さま(赤兎馬)が祀られているようです。まあ馬さまといっても赤兎馬は呂布・関羽に愛された三国志の主役の一人(一匹)ではありますが。これは「せきかんろう」の向かいにありました。
平成28年1月の日がわりイラスト館 平成28年2月の日がわりイラスト館 平成28年3月の日がわりイラスト館
平成28年4月の日がわりイラスト館 平成28年5月の日がわりイラスト館 平成28年6月の日がわりイラスト館