<
平成28年8月31日
    宇治上神社   
             京都

同じく2度目の作品です。アングルも前回とほとんど同じです。というよりは他の角度からはほとんど描けないといった方が正確でしょうか。
平成28年8月30日
    宇治の平等院   
             京都

平等院は改修工事前に描いたことがありますが、新しくなってからは行っていないため再度チャレンジするつもりで行きました。しかし、残念ながらスケッチは禁止でした★これは写真から描いています。
平成28年8月28日
    本陣主屋(小諸)   
             長野

小諸駅前にありました。本陣主屋は小諸宿を通る参勤交代の大名などが休憩・宿泊したところで、現在のこの建物は復元されたもので現在は歴史資料館として使われています。
平成28年8月29日
    さるすべりの花咲く家   
             兵庫

いつもの散歩道、さるすべりが綺麗に咲いてます。そしてこの花が散るとき、本格的な秋がやってまいります。
平成28年8月28日
    本陣主屋(小諸)   
             長野

小諸駅前にありました。本陣主屋は小諸宿を通る参勤交代の大名などが休憩・宿泊したところで、現在のこの建物は復元されたもので現在は歴史資料館として使われています。
平成28年8月27日
    小諸にて    
             長野

最近は有名観光施設ばかりを追うのでなく、市井の風景も描きたいと思うようになりました。そんな考えでいると、ちょっとした街角の風景にも魅せられることが結構あります。
平成28年8月26日
    高岳寺足柄門    
             長野

実際には北国街道はこの門の前で右折して延びているのですが、見た目では街道の行く方を遮るような感じでこの門があるため、いやでも目につきます。もともと小諸城の足柄門を移築しているので、実際にも堂々としていて存在感があります。
平成28年8月25日
    小諸城大手門    
             長野

ただし大手門だけが移築され、街の中に建っています。小諸城の全容がわかるわけではありません。しかし、突然街の中でこんなのに出くわすとびっくりしますよね。
平成28年8月24日
    ポルトヨーロッパ    
             和歌山

こうしてみるとまさにヨーロッパの風景ですね。
平成28年8月23日
    温山荘園茶室を見て    
             和歌山

温山荘園の庭園の特徴は松の木が多いことです。その松の木に囲まれて茅葺の大きな茶室がありました。池越しの茶屋というのは日本庭園の定番ですね。
平成28年8月22日
    温山荘園    
             和歌山

琴之浦の広大な庭園内には昨日の建物のほかに幾つかの建物が散在していますが、これが母屋のようです。中には東郷平八郎の書などが掲げられていました。なんでもこの温山荘園の名付親が東郷平八郎なのだそうです。
平成28年8月21日
    琴之浦    
             和歌山

海南港をトボトボと歩いていると、張り出した岬の上に東屋風の建物があります。まるで山水画の風情です。まさに景勝地の雰囲気ですが、おの東屋は温山荘園の一角にあります。用途は不明ですが、何らかの使用に供されているのは確かです。
平成28年8月20日
    犬山にて    
             愛知

犬山城にもい城下町風の街並みが整備されていました。私の記憶の中にはなかった町並みです。もっとも小さい頃に水遊びにきた時の思い出ですからこちらには関心がなかったでしょう。
平成28年8月19日
    旧樋口家住宅    
             長野

旧横田家同様松代藩の要職にあった旧樋口家の屋敷ですが、松代藩ではこうした武家屋敷は一種の藩士公舎という位置づけにあったそうです。
平成28年8月18日
    旧横田家住宅    
             長野

茅葺屋根の母屋が目をひきます。松代藩で郡奉行等を務めた中級武士の住まいとかで保存が行き届いており、国の重要文化財になっています。
平成28年8月17日
    小諸の町家 その2    
             長野

宿泊ホテルの向かいにあった商家です。比較的新しい建物だと思うのですが、古い街並みに溶け込んでいました。
平成28年8月16日
    小諸の町家    
             長野

江戸後期の商家という説明の立札がありました。小諸の町家は、もとは深い庇を特徴としていたそうですが、昭和の時代、道幅を広げるにあたりほとんどの家は庇を切ってしまったそうですが、この家は引き家をしたので時代の特徴をよく残しているそうです。なお、私的にもこの作品は、大幅にデジタル合成で仕上げている実験的試みのものであります。
平成28年8月15日
    犬山城    
             愛知県

信州へ行きがてら犬山城に立ち寄りました。犬山城は小学生の頃に叔父に連れられ従兄弟たちと行った思い出があります。その時は木曽川での川遊びが目的でしたが、背景の犬山城が印象に残っています。今回、その時と同じ構図でと思いましたが、もちろん具体的な場所がわかろうはずもありません。でもこんな感じだったように思います。
平成28年8月14日
    真田邸    
             長野

松代城のすぐそばにあり、堂々とした建物ですが、私が描きたかったのはお庭からみたこの壮大なお館です。でも残念ながら、庭へは出られませんでした。やむなく入口から見て描きましたが平凡な絵になってしまいました。
平成28年8月13日
    松本城    
             長野

今回の旅の主たる目的はお城だったのですが、中でも一番描きたかったのがこの松本城です。写真を見るにつけその壮大さに心打たれていました。この度やっと念願がかないました。
平成28年8月12日
    松代城    
             長野

ここも真田人気で急に注目を集めているようですね。のどかな田園地帯に大手門など一部が復元されていました。周囲には文武学校など結構史跡が残されていて、穴場的魅力がありました。
平成28年8月11日
    小諸宿    
             長野

今回の取材旅行で私が宿泊したのは小諸です。ホテルの前の道路は古の北国街道の面影を残しており景観保全もなされているようです。ちなみにこの景色は宿泊したホテルの隣の景色です♪
平成28年8月10日
    懐古園    
             長野

小諸城址をベースに公園として整備されたようですが、私が訪れた時は夕暮れ時でこの門を描く時間しか残されていませんでした。
平成28年8月9日
    上田城    
             長野

真田家の居城として難攻不落を誇ったろのことですが、今は城門と櫓が残るだけです。しかし、周辺には真田丸の展示館があったりして一大観光スポットになっておりました。観光客も多かったですよ。
平成28年8月8日
    海南発電所    
      和歌山

高くそびえた2本の排煙塔が印象的です。スカイツリーではありませんが、こうした塔はとても印象的です。工場は絵画の素材として好まれないかもしれませんが、私はダイナミックで迫力のあって大好きです。
平成28年8月7日
    温山荘園庭園    
      和歌山
ポルトヨーロッパからの帰りに立ち寄った琴の浦に壮大な和風庭園があり、急遽見学することとしました。故新田長次郎氏の個人庭園として昭和初期に整備されたとのことですが、けた違いの規模で国の重要文化財になっています。温山は故人の雅号をもとに東郷平八郎が名付けたとされています。
平成28年8月6日
    尼信記念館    
      兵庫(尼崎)
煉瓦造りのこのこじんまりとした建物は尼崎信用金庫の旧本部事務所です。明治時代の創建といわれ、尼崎の中心市街地にひっそりと建っています。
平成28年8月5日
    和歌山マリーナシティ    
      和歌山
ポルトヨーロッパの隣はマリーナシティで、日本離れした南国風の景色が広がっています。特にこの港からの景色はきれいでした。
平成28年8月4日
    観覧車とツインドラゴン    
      和歌山
10時の開園と同時に入場したので、こうした遊具施設は本格的に稼働する前だったのですが、夏休みで日曜日ということもあってすぐに行列ができていました。お絵描き目的の私にとっては、あまり人が増えない方がいいので、ある意味丁度描き頃となっていたのですが・・
平成28年8月3日
    ポルトヨーロッパ    
      和歌山
入園料がタダということにつられてやってきました♪折からよさこいまつりのイベントが催されており、たくさんの人で賑わっていました。基本的に子供さんを中心とした家族連れが多いのは当然としてイベントの関係の若い踊り子さんらもいっぱいで大変賑わっていました。私のような世代の人間で孫も連れずにうろうろししているのは大変珍しく、多分私ぐらいではないでしょうか★
平成28年8月2日
    大阪北浜にて    
      大阪
近代的な美しいビルが建ち並ぶ中之島・北浜界隈ですが、ビルの谷間に昔ながらの姿を見せるお屋敷があります。そうした意味でも北浜界隈の新旧織り交ぜた風景は魅力的です。
平成28年8月1日
     五條にて    
       奈良
これは新町通りの風景ではなく、五條駅から新町通りへ向かう道すがらの風景です。昭和の匂いがプンプンしていましたので描きました。いわば五條での最初のスケッチです。
平成28年7月の日がわりイラスト館 平成28年2月の日がわりイラスト館 平成28年3月の日がわりイラスト館
平成28年4月の日がわりイラスト館 平成28年5月の日がわりイラスト館 平成28年6月の日がわりイラスト館