<
平成28年12月31日番外
   年越しそば    
              兵庫
今年は大変お世話になりました。どうぞ皆さん良いお年を
平成28年12月31日
   大晦日    
              兵庫
ああ、今年も今日で終わりです。思いかえせば・・・あれ!?・・・半年前のことが思い出せない★こ、これは、ひょっとして・・・終わりの始まり?・・大変だ、たいへんだぁ〜!★
さて、それはそれとして今日のお絵描き作品は、日頃懇意にさせていただいてるお寺の鐘楼です。今夜、除夜の鐘が衝かれます。
平成28年12月30日
   大鳴門橋    
              徳島
大鳴門橋はかつて2回ほど描きましたが、いずれも淡路島側の展望台から見下ろす感じのものでした。今回は四国側から、しかも浜辺から見て描いてます。こういう機会はそんなにないと思いますので私にとっては貴重な作品です。
平成28年12月29日
   田園風景    
              徳島
鳴門のホテルから見た風景です。ここは大鳴門橋の麓の町ですが、橋に近すぎて孤島のようになっており、田園風景が広がっています。もちろん海が近いので夏は海水浴場として賑わっていると思われますが冬場の今はホテルに滞在してということになります。要するに何もないのですが、それにしては賑わっていました。しかも子連れ客がほとんどです。そういえば遊戯施設は豊富でした。
平成28年12月28日
   石道温泉 その2    
              兵庫
近くに第2名神の工事が進んでおり、この辺りの景色h激変します。完全に変わる前の今のうちにせっせと描いておこうと思っています。
平成28年12月27日
   血の上の教会(再掲作品)    
              ロシア
年末でもあるし過去作品の整理をしています。なつかしい作品ばかりですが、1回だけでなくもっと載せたいという作品も少なくありません。今後、多少手を加えるなどして再掲することも試みていきます。
平成28年12月26日
   中禅寺    
              栃木
ここは坂東33か所の札所めぐりで以前に訪れたことがありますので、今回は2度目の訪問ということになります。でも記憶はかなり曖昧になっていましたから描き終えてから前回作品を取り出して比べてみました。結局(やや遠見ですが)同じ角度で描いていました。
平成28年12月25日
   通洞駅(わたらせ渓谷鉄道)    
              栃木
旧足尾銅山の歴史館などを見学した後、わたらせ渓谷鉄道に乗り東武鉄道を経て東京に出ました。栃木を最後に離れることになった鉄道駅です。ひなびた田舎の街の駅という感じですが駅舎はかなりモダンです。渓谷が美しいので、春や秋のシーズンともなれば賑わっているのかもしれません。
平成28年12月24日
   ミラノの大聖堂(補筆再掲)    
              イタリア
もうほとんど再筆状態です。見違えるようになりました☆
平成28年12月23日
   昭和の風景(足尾にて)    
              栃木県
駅前なんですけど昭和の雰囲気のある建物が並んでいました。昭和って、もう歴史なんですね。
平成28年12月22日
   会津田島駅前    
              福島県
会津若松から栃木までは会津鉄道を利用することにしました。ローカル線を楽しもうと思ったのですが、ほとんど居眠りしていました(^^)その会津鉄道もここまでのようで、以後栃木までは東武鉄道になりました。
平成28年12月21日
   高原の風景(足尾)    
              栃木県
わたらせ渓谷鉄道で行く足尾は足尾銅山で知られた町です。往時は活気があったでしょうが、銅山を閉山した今は寒村の風情です。でも逆にそのことがこの町の魅力を高めているように思います。街の建物にも昭和の雰囲気が漂っていました。
平成28年12月20日
   高原の風景    
              宮城県
今年秋の親睦会で行った栗駒高原での風景です。山形県と宮城県の県境にある高原地帯の風景です。残念ながら地名を忘れましたが、山また山の所ですから、どちらを描いてもみんな似たような景色になると思うのですが・・・。
平成28年12月19日
   大石神社    
              兵庫
12月のテレビ、映画の定番ドラマは赤穂浪士でしたが、その舞台の一つである赤穂城下はそれらしい史跡があまり見当たりません。まだ整備中かもしれませんが、唯一この大石神社がそれらしい雰囲気を醸し出していました。
平成28年12月18日
   山田(阪急電車・千里線)    
              大阪
阪急千里線も南千里ぐらいから新しい団地が並び、各駅前が同じような景色になってきたので、山田駅では駅前から少し離れて南千里を遠望する風景にしました。
平成28年12月17日
   JR京都駅    
              京都
この画像の紹介は2回目かもわかりませんが念のため発表します。作品はすべてデータストックに取り込んで整理しているのですが、この画像だけが既存データの中に見当たらず、ひょっとしたらと思いました。
平成28年12月16日
   池のほとりのマンション    
              大阪
水のある風景は癒されます。思わずお絵描きしてしまいます。
平成28年12月15日
   北千里駅(阪急電車・千里線)    
              大阪
これが大阪地下鉄堺筋線の北の終点ということになります。行政的には吹田市になり、緑豊かな郊外住宅地という雰囲気になります。
平成28年12月14日
   猪名川風景    
              兵庫
猪名川のい〜な展で作品募集していたので応募した作品です。猪名川は最も身近な河川ですから作品ストックも多く、その中のどれか1枚をだせばいいやという軽い気持ちで応募しました。しかしA3サイズで応募することが条件になっていてあわてました。そんな大きな作品は年に数点です。しかし、いったん決めたことを諦めるのは悔しいので、やむなく取材活動しました。こういうケースのときは力が入りすぎて凡作になりがちなのですが、今回はまあ満足できる出来栄えでした。
平成28年12月13日
   牛ケ首池(阪急電車南千里駅)    
              大阪
千里丘陵には池がたくさん残っています。中でも南千里後縁の丑ケ首池は最も大きいように思われました。周囲の広い面積が公園になっており、ジョギングする人、散歩する人、釣り糸を垂れる人らが散見されました。
平成28年12月12日
   桂橋西詰    
              京都
京都の桂離宮を描きたかったのですが、もちろんここは事前の承認がなければ見学させてもらえません。ひょっとしたら一部でもいいから外部から垣間見えないかという淡い期待を抱いていたのですが、屋根の一部でさえまったく見えません。やむなく外周の桂橋を描きました。
平成28年12月11日
   南千里駅    
              大阪
千里丘陵は万博を契機にして急速に開発が進み、沿線の住宅開発も進みました。それまではローカル色の強かった阪急電車千里線も、地下鉄堺筋線との相互乗り入れがなされ、また延伸して大阪モノレールと接続されて、沿線風景はすっかり都市化されていました。
平成28年12月10日
   再筆熊本城    
              熊本
来年2月に予定される川西まちかどギャラリーでは「お城ずくし」のタイトルで今までに描いたお城をベニヤ1枚大のパネルに貼り付けたものにする予定です。今まではコピー作品を用いていたのですが、今回は大阪城、姫路城、熊本城に限って原画をまぜることにしました。私の主観でこの3作品が代表的と思ったからです。ところが熊本城の作品が出てまいりません★どこかにしまいこんでいるはずですが、探すよりも再筆する方が早いと思って描いたのが今日の作品です。私には模写の才能があるかも(^^)
平成28年12月9日
   阪急電車千里が丘駅    
              阪急電車
昔は、ここが阪急電車千里線の終点だったのですが、現在は更に北伸して箕面の近くまで行っています。新興住宅地が多い中、ここは昔ながらの住宅地の風情が残っているように思いました。
平成28年12月8日
   大欅(おおけやき)と紅葉    
              京都
北野天満宮の御土居を歩いていると、しばらくして大きな欅のそびえたっているのが目に入りました。その圧倒的な姿を紅葉が取り囲んでおり、まるでハーレムの中の王といった感じです。
平成28年12月7日
   多田神社の紅葉    
              兵庫
御近所の紅葉の名所はお散歩コースでもある多田神社です。さすがにここまでは外国人が押し寄せている気配はありません。源氏発祥の地という歴史的な有名神社なんですけどね★
平成28年12月6日
   御土居の茶室・梅交軒    
              京都
御土居の中の唯一の建物がこの梅交軒です。あまり彩のない地味な建物ですが、周囲の紅葉が引き立たせてくれています。
平成28年12月5日
   もみじ苑からの北野天満宮    
              京都
北野天満宮に御土居なるものがあり、そこが梅と紅葉の名勝であることを知り行ってきました。期待通りの美しさでした。そのもみじ苑から一望した北野天満宮も新鮮な感じでした。入園料はいったのですが、気になりませんでした。
平成28年12月4日
   信濃秋山の民家    
              大阪
屋根だけで壁も茅葺になっています。壁の茅の厚さを調節して夏と冬を過ごすそうです。雪深い山村の暮らしぶりが伝わってくる珍しい民家です。
平成28年12月3日
   圓教寺    
              兵庫
ここは西国札所ですから、初めてではありません。納経帳用にスケッチした時と同じアングルです。すなわちこの風景は2枚目ということになります。このほかにもここ圓教寺は訪れており、前回は「ラストサムライ」の舞台となったお堂を拝見しています。
平成28年12月2日
   飛騨白川の合掌造り    
              大阪
この有名な合掌造りが大阪でも見られます。服部緑地の中にある日本民家集落博物館にありました。私が飛騨白川へ行ったのは雪の積もる冬でしたが、この民家はやっぱり雪景色が似合うようですね。スケッチするにはここがいいのですが(^^)
平成28年12月1日
   姫路城    
              兵庫
姫路城を描くのは多分4回目になると思いますが、ついに初めて有料域に入りました。ここは入ってすぐの所からの光景で、入口から30歩ぐらいの所ですが、けっきょくここから奥へは踏み込んでいません。すなわち、天守閣及びその周辺は見ていません。
平成28年7月の日がわりイラスト館 平成28年8月の日がわりイラスト館 平成28年9月の日がわりイラスト館
平成28年10月の日がわりイラスト館 平成28年11月の日がわりイラスト館 平成28年6月の日がわりイラスト館