< < <
平成29年3月31日
   笹井屋(四日市宿) 

   三重県    
面影がほとんど残っていない四日市宿ですが、この笹井屋だけは往時に面影を残す希少な存在になっています。ここは「なが餅」というお菓子がメイン商品になっています。
平成29年3月30日
   桑名城跡(桑名宿) 

   三重県    
宮宿から渡ってきた先がこの桑名城跡です。当然ですが、ここも七里の渡しになっています。宮宿とよく似た雰囲気の風景でまさに一対といった感じでした。
平成29年3月29日
   七里の渡し(宮宿) 

   愛知県    
宮宿から桑名へは海路をとったようです。その距離が「七里」だったようで、この名がついたものと思われます。
平成29年3月28日
   有松にて(鳴海宿) 

   愛知県    
街並みが宿場町の雰囲気を漂わせていて見どころがありました。でもここは絞りの産地として有名で、その関係商家が建ち並びこの景観を創っているようです。
平成29年3月27日
   知立神社多宝塔(知立宿) 

   愛知県    
知立神社がある一帯が知立宿だそうですが、この多宝塔がとても印象的で、こちらを描きました。
平成29年3月25日
   御油の松並木(御油宿) 

   愛知県    
御油宿は、宿場町の痕跡がほとんどなくなっていますが、美しい松並木は残っています。今では断片的に残されている東海道の松並木ですが、これがつながっていた当時の東海道は美しかったでしょうね。。
平成29年3月24日
   豊橋公園(吉田宿) 

   愛知県    
吉田宿の場所はこの公園あたりになるそうですが、まったくそれらしい施設はありません。この公園は吉田城の跡地だそうですが、そのお城も現在はありません。公園のどこかにミニチュア版はあるらしいのですが・・・。
平成29年3月23日
    
二川宿本陣
   静岡県    
ここはよく整備され、宿場町の雰囲気w味わうことができました。この日は縁日があったようで、フリーマーケットなどが催されて賑わっていました。本陣も立派に整備されており見ごたえがありました。
平成29年3月22日
    
おんやど白須賀
   静岡県    
最近整備されたらしいこの施設は旧東海道の宿場町白須賀を紹介していますが、旧街道沿いにはそれらしい雰囲気の街並みがあって楽しめます。歩きスタイルの人もたくさんmかけました。
平成29年3月21日
    
うつぼ公園
   大阪府    
うつぼ公園からの風景ですが、葉っぱを散らした木々の枝ぶりがきれいでした。
平成29年3月20日
    
木口家住宅
   大阪府    
富田林の寺内町はこうしたお屋敷が並んでいて見ごたえがありました。
平成29年3月19日
    
ある日の風景
   三重県    
部分的修正を加えていますが、再掲作品です。私自信はお気に入りの一つです。
平成29年3月18日
    
うつぼ公園
   大阪府    
西梅田から四ツ橋筋を難波方面へ行くとほどなくして大きな公園に出てきます。うつぼ公園です。画面左手の建物が大阪科学技術館で、うつぼ公園よりも知名度があります。久しぶりに行ったうつぼ公園はテニスコートやバラ園が整備されており、すっかり新しくなっていました。考えてみたら、この前を(すなわち四ツ橋筋)通ることがあっても公園内に入ったことがないことに気づきました。
平成29年3月17日
    
杉山家住宅
   大阪府    
富田林の市営駐車場に車を止めていきなりこんなにでっかい家に出会いました。すべてがこの画面に納まらず両サイドは省略せざるをえませんでした。
平成29年3月16日
    
興正寺別院
   大阪府    
交通費が高くつくので、大阪南部へはなかなか足がむきませんでしたが、ついに富田林へ行ってきました。富田林はPL学園と花火が有名ですが、寺内町(じないまち)という古い街並みが残されていて、びっくりしました。とても1日では描ききれないと思いました。今日は寒いのでそこそこで切り上げましたが、またチャレンジすることになりそうです。
平成29年3月15日
    
つくられた風景
       
最近、お出かけしていません。年甲斐もなく空想の世界で遊んでいます。馬鹿な奴だと笑ってやってください★。
平成29年3月14日
    
雪の大音村
  滋賀     
これは今年の風景ではありませんが、大雪のニュースを聞く度に故郷の村のことを思い出します。私は時たま帰郷するだけですから雪景色を愛でているだけですが、住んでいる人は雪おろしをはじめ雪との闘いの生活が続く訳ですから大変ですね。
平成29年3月13日
    
JR福知山線廃線敷
  兵庫     
昨日とほぼ同じところを描いているのですが、タッチを大きく変えてみました。自然の風景は精密さを追い求めるのではなく雰囲気を写しとる必要があり、その難しさを感じています。
平成29年3月12日
    
JR福知山線廃線敷
  兵庫     
生瀬、武田尾間のJR福知山線を歩いてきました。足許はジャリ・小石で歩きにくいうえ6つもあるトンネルは照明がなく真っ暗です。ただ川沿いの山の中ですから自然そのものを満喫できました。今は冬ですが春になって桜が咲いたりしたら最高でしょうね。
平成29年3月11日
    
婦人像
       
久しぶりに人物を描きました。この女性は足が綺麗だったので本当は立ち姿を描きたいのですが、2時間も立姿を維持するのは不可能でしょうね。仕方ないです。
平成29年3月10日
    
つくられた風景
       
高山寺庭園からみた風景は延々と冬枯れの木々がつらなり、それはそれで一幅の冬の風景になっています。その情景を描けばいいのですが、残念ながらその自信がありません。そこで、写真とイラストとを合成してみました。
平成29年3月9日
    
下桂御霊神社
       京都
桂離宮の入口近くにあります。かなり歴史を感じるつくりでした。
平成29年3月8日
    
三光稲荷神社
       愛知
犬山城の入口にありました。
平成29年3月7日
    
犬山城天守閣
       愛知
犬山城は木曽川越しに遠望するが良いと思っていましたので、前回はその木曽川越しの絵を発表しましたが天守閣も堂々としていてさすが国宝です。
平成29年3月6日
    
雪の祇園風景
       京都
普段は人通りが絶えない所なんですが、流石にこの雪の中なので閑散としていました。
平成29年3月5日
    
松原駅前の風景
       大阪
近鉄電車の河内松原駅を降りた所の駅前風景です。時々サラリーマンの私が月に5、6日利用するため、すっかりお馴染みの風景になりました。
平成29年3月4日
    
聖ワシリー寺院
       ロシア
ちょっと昔の作品をリメイクしました。
平成29年3月3日
    
神崎素佐男神社
       兵庫
昔々、私はこの辺りに住んでおりました。けど、こお神社のことは知りませんでした。結局、人間の行動範囲って結構狭いもんなんですね★
平成29年3月2日
    
新御堂
       大阪
梅田へ入る直前(すなわち橋梁)の風景です。見慣れた光景ではありますが・・・
平成29年3月1日
    
雪の六角堂
       京都
六角堂を描くのは多分4回目ぐらいになると思います。その日は日中でも 雪が降り続いており、珍しく雪の京都風景を描くことができました。こうして見ていても雪の風情は格別なものがありますが、ただし当たり前のことですがお絵描きには不向きでありました。
table>
平成29年1月の日がわりイラスト館 平成29年2月の日がわりイラスト館 平成29年3月の日がわりイラスト館
平成28年10月の日がわりイラスト館 平成28年11月の日がわりイラスト館 平成28年12月の日がわりイラスト館