<
平成30年12月31日
   浄福寺鐘楼堂
      兵庫
今年も今日で終わりです。おかげさまで、このイラスト館も、今年1年を無事に終えることができました。ありがたいことです。まもなく平成という時代も終わりますが、このささやかなページは、相変わらず続きそうです。かなりひとりよがりなページですが、来て下さる方々がお友達ばっかりという幸せな環境ですので、私の間違いがあっても大目に見て下さっています。これに甘えることなく(懲りないというべきか)来年もがんばりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。年末、厳しい寒さがやってまいりました。どうかお体を大切にして良いお年をお迎えください。
平成30年12月30日
   今年の思い出
      兵庫
学生時代の友人3人と一緒に山陰のとある温泉に行ってきました。民宿とは源泉かけ流しです。目当てはカニなんですけど・・・ちょっと予算が足らなくて・・・★ショボかった学生時代が蘇ってきました★
平成30年12月29日
   那古寺
      千葉
館山城へ行ったついでに那古寺へ立ちよりました。坂東33蕃札所で、今回が2回目となります。以前のことはほとんど忘れていましたが、以前の作品に照らしてみると何も変わっていません。今回は仁王門を描き、中に以前の作品の一部をはめこんでみました。
平成30年12月28日
   天童のそば屋さん
      山形
将棋の街天童で見かけたそば屋さんは思いっきり将棋の街風でした。食べていないので味はわかりませんが、食べる前から天童を感じさせてくれます。
平成30年12月27日
   山の上のそば屋さん
      兵庫
新たな幹線道路が整備されて取り残された村が総力をあげて共同で運営するそば屋さん。今となっては交通不便の地ながら味もよくお客さんも結構入っています。
平成30年12月26日
   塩名田にて  
         中山道(塩名田宿)
昔はお店が並ぶ賑やかな通りだったのでしょうね。今は表示がなければ通り過ぎてしまうほどに静かな町です
平成30年12月25日
   藪原駅  
         中山道(藪原宿)
中山道はほぼ鉄道沿いになっていますが、そのことを意識せず山を越え田園を走り抜けていると、ついつい鉄道があることを忘れてしまいます。この藪原駅は、藪原宿を求めてうろうろしていたら出くわしました。なかなか素敵な駅舎でした。
平成30年12月24日
   中山道の道筋  
         中山道(洗馬宿)
洗馬宿への道筋で認めた何気ない風景です。正面の神社の名前もわかりません。結局、洗馬宿は探し当てられませんでした。
平成30年12月23日
   追分宿郷土館  
         中山道(追分宿)
追分宿は町中が宿場らしく整備されており、歴史を感じさせる街並みになっています。その中心的施設となっているのがこの郷土館のようですが、全体が黒っぽく木々の中に埋没してしまいそうな建物でした。ちょっと雰囲気に違和感がありました。
平成30年12月22日
   亀丸屋  
         中山道(垂井宿)
200年以上の歴史を有し、今も営業している垂井宿の旅館。その他、垂井宿には街道筋に旅館も多く、今に雰囲気を伝えています。
平成30年12月21日
   大垣市郷土館  
         岐阜
大垣城の前は広い公園になっていて、お城の反対側、お城に向かいあうかたちで武家屋敷風のこの郷土館がありました。大垣城と一体となって観光施設になっているようで、外国人も結構訪れているようでした。
平成30年12月20日
   赤坂港跡  
         中山道(赤坂宿)
赤坂宿の入口に一際目を引くこの洋館は、現在、大垣市赤坂港会館として赤坂港や赤坂宿の資料が展示されているそうです。(私は、時間の余裕がなく入りませんでした。)赤坂港は川の港で石灰石や大理石の商売で繁盛したそうです。
平成30年12月19日
   妙見大黒堂  
           兵庫
北摂七福神の大黒様はこの妙見山におられるのですが、本堂などからやや離れた所にあり、すぐ隣がリフト乗り場になっています。いわば妙見山の入口にこの大黒堂があります。どういう訳か鳥居の脇に小さなお堂の屋根らしきものが置かれていますが説明もなく、意味不明です。
平成30年12月18日
   大垣城その2  
            岐阜県
昨日の大垣城の反対側は、広い公園に面していてその全容を見ることができました。なかなかの威容を誇っています。
平成30年12月17日
   大垣城  
            岐阜県
大垣駅前の商店街を歩いていると「大垣城」の案内表示が出てきたので、その案内に従って通りを曲がった瞬間にこの城が眼前にありました。大体の位置は調べていたのですが、商店街からは全く見えなかったため、探しながらのウォーキングでした。その大きな姿が突然目の前に現れた時は少々驚きました。
平成30年12月16日
  妙見山ケーブル  
            兵庫県
大阪の北端、妙見山へはケーブルとリフトを乗り継いで行くことができます。もちろん車でも行けるため、今までこのケーブル駅をじっくり見ることがありませんでした。かすかな記憶(ほぼ半世紀前)では能勢電妙見駅からここまで歩いた記憶があるので、その時利用した可能性があります。
平成30年12月15日
  墨俣一夜城  
     岐阜県
墨俣一夜城は秀吉の出世策として有名な逸話の城でありますが、実際に墨俣に復元された(?)城は堂々たる天守の城でとても一晩でできた代物とは考えられません。実際にはこれは資料館として墨俣の地に整備されたものです。
平成30年12月14日
  武家屋敷旧内山家  
     福井
越前大野城下の武家屋敷の一つです。
平成30年12月13日
  大湫宿脇本陣  
     岐阜
「おおくてしゅく」と読みます。史跡脇本陣は現在も住居となっているため、内部を見学することまではできません。
平成30年12月12日
  多田神社弁天堂  
     兵庫
多田神社はご近所の紅葉の名所です。今年もお散歩に行って紅葉をチェックしましたが、例年ほどではないにしても色づいていました。
平成30年12月11日
  須原宿の風景  
     中山道(須原宿)
街道の両側には旧宿場町の名残を残す家々が並んでいました。でも意識して注意しなければ通り過ぎてしまうでしょうね。
平成30年12月10日
   義仲館  
     中山道(宮ノ越宿)
木曽の義仲は源頼朝挙兵後風のように現れて短期間のうちに平家を京から追い出した木曽源氏の頭領である。平家討滅の最初の因をつくった功績大でありますが、頼朝に疎まれて結局追放されてしまいます。しかし、ここ木曽では英雄なんですね。こんなに立派な資料館ができているのですから。
平成30年12月9日
   越前大野への道すがら  
     福井県
大野城を目指して(車で)走っていると橋脚に建屋を乗っけたような橋(多分橋だと思うのですが)を見つけました。結構絵になる風景です。外国では橋上の建物(例えばベニスなど)を見かけることがありますが、日本では禁止されているようでほとんど見かけません。
平成30年12月8日
   上松宿にて  
     中山道(上松宿)
ここはかつて茶屋だったそうで現在はお休み所となっています。ここで私は五平餅とコーヒーをいただき、昼食代わりにしました。この下は名勝「ねざめの床」になっています。
平成30年12月7日
   越前大野の城下町  
     福井
越前大野城の城下町はかなり現代的にアレンジされているようで、この建物も地場生産物の販売マーケットになっています。堅い理屈は抜きにして結構楽しい街に整備されていました。
平成30年12月6日
   細久手公民館  
     中山道(細久手宿)
記憶が大分薄れてきていますが、建物の看板が細久手公民館となっているので、この辺りが細久手宿なんだろうと思います。
平成30年12月5日
   キセラ川西  
         兵庫
再開発で新しいシティコアが作られつつあります。川西の新しい中心市街地「キセラかわにし」です。場を囲むようにアで建設が進められています。こえは既に完成した体育館。後は建設途次なのか工事中のテントばかりでした。
平成30年12月4日
 またまた姫路城  
         兵庫
これで5度目の姫路城です。改修前にも2回ほど描きにいってます。この間、城は変わらぬ威容をはなっていますが、観光客が激増しています。大手前通りも綺麗に整備されて姫路は見違えるように美しくなっていました。
平成30年12月3日
 再び但馬大仏  
         兵庫
これは2作目です。仏像三つを並べて描くというのがバランス等をとるうえで難しいです。今回も、前回同様の仮題が残りました。
平成30年12月2日
 射楯兵主神社  
         兵庫
姫路城の近くに真新しい神社がありました。そこの狛犬は、狛犬ではなく狛みみずくで、それに惹かれました。
平成30年12月1日
   紅葉の大坂城
         大阪
大坂城西の丸庭園からみた大坂城です。紅葉が綺麗でした。でも、もう12月ですから見ごろは過ぎているでしょうね。
平成30年7月の日がわりイラスト館 平成30年8月の日がわりイラスト館 平成30年9月の日がわりイラスト館
平成30年10月の日がわりイラスト館 平成30年5月の日がわりイラスト館 平成30年11月の日がわりイラスト館